N0018474_l

  明石家さんま

(出典 シネマ トウディ)

吉本興業は、お笑いを中心とした、

タレントマネジメントのみならず、

 

不動産業、飲食、アミューズメント施設の

開発・運営にも携わっている芸能大手です。

 

よくテレビなどで、吉本のお笑い芸人が自身たちの

ギャラの低さをネタにしているのだけれど、

本当に吉本興業は芸人のギャラを搾取しているのだろうか?

気になりますよね。

 

スポンサーリンク

 

会社概要

 

吉本興業株式会社

本店・大阪本部

〒542-0075 大阪市中央区難波千日前11番6号

東京本部

〒160-0022 東京都新宿区新宿5丁目18番21号

創業  1912年4月1日

代表者

代表取締役会長 吉野 伊佐男

代表取締役社長 大﨑 洋

代表取締役副社長 橋爪 健康

資本金

125億450万円 (2013年12月1日現在)

社員数

644名、所属タレント約6000名

業務内容

TV・ラジオ、ビデオ、CM、その他映像ソフトの企画、

制作および販売、劇場運営

イベント事業、広告事業、不動産事業など

 

吉本興業 のギャラ事情は?

 無題浜田雅功

(出典 シネママガジン)

タレントのギャラは、報酬は完全歩合制のようですね。

仕事が入らなければ収入はゼロとなるそうです。

 

あまり仕事のない芸人は、「交通費」や「銀行の手数料」のほうが、

ギャラ」より高くなることもあるというので驚きです。

 

特に、若手芸人では、売れて半年経つまでは

0円に近いギャラしか貰えないと言われています。

 

一体、どうやって暮らしているのでしょうね。

やはり、バイトしているのかな?

謎です。

 

ただその一方で、いったん名前が売れてくると

圧倒的な営業力で多くの仕事を与え、

生活を保障しているそうです。

 

明石家さんま、ダウンタウン、ナインティナインらの

大物タレントになれば、年収数億円なんてことも

あり得ますからね。

スポンサーリンク



吉本の報酬配分とは

070125_dainipponjin_sub1松本人志

(出典 シネマカフェ)

会社が斡旋した仕事の場合は、9:1

ギャラから9割を吉本側が天引きし、

残額から税金等が源泉徴収されるそうです。

 

ただ、ギャラ配分は「経験年数」「人気の持続年数」

「CM獲得数」「才能」など様々な要因で会社に認められれば

ギャラ配分交渉は可能だといいます。

 

ギャラ以外でタレントが直接仕事をとってきて、

稼いだお金は全額そのタレントのものになるそうです。

 

吉本の報酬配分について陣内智則

次のように語っています。

 

吉本は本当に、(事務所:タレントの

取り分)が9:1なんです。

 

若手の時も、売れてからも本当に9:1ですよ。

(今でも)僕はわからんけど、

多分(陣内:吉本=)2:8ぐらいじゃないですか。

ここのメンバーで僕一番もろうてないですよ」と嘆いた。

 

それを裏付けるエピソードとして陣内は、

以前放送されていた人気お笑いネタ番組『エンタの神様』(同)に

出演していた際のギャラを引き合いに出し、

当時陣内としては破格のギャラをもらって喜び、

 

共演していた人力舎所属のお笑いコンビ・アンジャッシュ

(児嶋一哉、渡部建)に同番組出演のギャラを聞いたところ、

 

児嶋と渡部のそれぞれが陣内の倍額ずつもらっていることを知り、

陣内のギャラの安さに児嶋と渡部から「え? 嘘でしょ?」と

驚かれたという話を明かした。」

(引用 ビジネスジャーナル)

 

でも、何でこのような状況でも、芸人たちは

これを受け入れるんでしょう。

 

これは、仕事量が他の事務所と比べて

圧倒的に多いのだと言われています。

 

事務所の営業力は強いですし、

ルミネ」や「花月」のように、自分のところで

劇場を持っているのも魅力的です。

 

まぁ、確かにギャラは安いけれど、

舞台やテレビに出るチャンスはありますからね。

 

新人発掘、育成方法は?

 

お笑い芸人といえば、かつては、

落語家や漫才師の弟子となり芸を磨き、

劇場やテレビなどに進出する場合が

ほとんどでした。

 

ところが、テレビ中心のお笑いブームの昨今では、

お笑い芸人の養成学校などに入って学び、

コンクールに入賞したり、オーディション

合格したりしてプロの道を目指す人が

増えてきていると言います。

 

このため大手芸能プロダクションが

運営する養成学校には、毎年、入学希望者が

殺到している状態なのだとか。

 

吉本興業の育成機関として、

NSC大阪」「NSC東京」という

吉本総合芸能学院を開校し、

 

ダウンタウンはじめ、トミーズ、

ナインティナインらの人気タレントを

送り出しています。

詳細は http://www.yoshimoto.co.jp/nsc/