222
オーディションの書類審査に合格すると

いよいよ2次審査となります。

この2次審査の「面接」で大枠の合否が

決まってきます。

気を抜かないようにしましょう。

ただ、大きなオーディションの場合には、

3次審査や最終審査などの選考が続く場合もあります。

スポンサーリンク

 

面接

 

選考の形式はプロダクションごとに

さまざまな方法がありますが、

一般的には次のような流れにそって進められます。

 

(1) 受付
(2) 入室
(3) 自己紹介、自己PR
(4) 特技披露、実技審査
(5) 質疑応答
(6) 退室

 

それぞれの段階であなたは注意深く観察されます。

その各段階でのチェックされるポイント

挙げておきますね。

 

オーディション会場には余裕をもって

着くようにしてください。

もし、遅刻しそうになった場合は、必ず連絡しましょう。

無断で遅刻するのは人格を疑われかねません。

スポンサーリンク



受付

 

面接会場に到着したら、まずは受付です。

 

受付では、「本日面接に伺いました〇〇と申します。」

などのように名前をハッキリ伝えてください。

 

もし、控え室がある場合は、控え室に案内してもらいます。

控え室では、マナーを守り、周りの迷惑になるような

行為はやめましょう。

 

入室

126

審査の順番がまわってきたら、いよいよ選考が始まりです。

面接は最初の5分間で勝負が決まると

言われるくらい重要です。

 

審査員はその間に、しぐさ表情言動などを見て

心のなかで合否を決めてしまう場合が多いと聞いています。

 

明るくハキハキした態度で臨みましょう。

審査員にも良い印象が残ります。

 

入室するときにはノックをし、「失礼いたします」と

一声かけてから、入室してください。

 

部屋に入ったらお辞儀をし、ドアを閉めます。

このとき、ドアの方を振り返り、ゆっくり

丁寧に閉めることを心がけましょう。

 

猫背にならないように気を付け、

背筋をまっすぐ伸ばし、しっかりと

前を向いて歩くようにしてください。

 

自己紹介・自己PR

 

入室後、まずは

「○○と申します。よろしくお願いします。」と

挨拶をします。

 

その後、簡単な自己紹介を行います。

自己紹介では、名前、出身地、年齢、学年、

プロフィール、趣味、特技、このオーディションを

受けた動機などを手短に話します。

 

また、応募した履歴書に書いた、自己PR文と

同じ内容を話すときには、その内容よりもっと

詳しく話すようにしましょう。

そうでないと、あなたの本気度が審査員に伝わらない

ことがあります。

 

特技披露、実技審査

 

自己紹介後、オーディションによっては

実技審査や特技披露の場が設けられることがあります。

 

特技はその場で披露できる特技と

そうでない特技(楽器や道具が必要)が

あると思いますが、どうせならその場で

披露できるものがよいですね。

 

審査員が採用 したいと思う人は、

普通の人ではありません。

 

何か他の人とは違った魅力がある人や

キラリと輝く個性を持った人なのです。

 

審査員に強くアピールできる「最大のチャンス」にも

なるはずです。

下手でもなんでもいいんです。元気に思いっきり

一生懸命さをアピールしましょう。

 

質疑応答

 

応募書類に書かれている項目や、自己紹介のなかから

審査員の興味を持ったことが質問されます。

 

その質問には、応募時の履歴書の内容について、

もっと突っ込んだ質問をされることがよくあります。

質問例として

「○○さんの志望ジャンルは、何ですか?」

「なぜ、女優を希望したのですか?」

「尊敬している芸能人の方は?」

「どうして△△さんなんですか?」

「将来の目標はなんですか?」

ほかにも、長所や短所、現在の課題、

などがあります。

 

審査員は、応募者が答えた返事に対して、

具体的にどんなところが?」という

質問をしてきます。

 

あなたがそれについてどれくらい興味があって、

どれくらい理解しているかを知りたいのです。

 

どんな質問をされるのかは分かりませんが、

少なくても、履歴書に書いた内容に関しては

何でも答えられるようにしておきたいですね。

 

また、「審査員に対して、なにか質問がありませんか」と

尋ねられるケースもありますので、

事前に考えておくとよいでしょう。

 

退室

 

審査が終了したら、審査員に必ずお礼

言ってから退室してください。

 

退室するまでは、けして緊張を緩めないようにしましょうね。