20130729dog00m200021000c_450芸能プロダクションは、それぞれ独自カラーが

あります。

所属する女優やタレントの特徴育成方法

売り出し方はそれぞれ異なっています。

今回は、深田恭子、石原さとみ、綾瀬はるかなど、多くの

スターを生み出してきた「ホリプロ」について

まとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

芸能界入りの有力なオーディションがあるホリプロ

 

ホリプロには、芸能界への有力な登竜門として知られている

コンテストがあります。

 

それが、新人発掘オーディション

ホリプロ・タレント・スカウトキャラバン」(TSC)です。

 

1970年代には、「スター誕生」などのオーディション番組が多くありました。

 

しかし、このようなオーディション番組では他社との競合が激しくて、

思う通りの新人を獲得できませんでした。

 

それをどうにかしたいと思っていたとき、

創業者の「堀威夫」氏が思い付いたことがありました。

それが、

全国を回ってスカウト活動を始めたらどうだろうか

ということでした。

 

このスカウト活動を自ら実践したそうです。

その結果として、

第1回グランプリ受賞の「榊原郁恵」が大活躍をしました。

それ以降、

ホリプロのスカウト活動の中心的イベントとなったのです。

 

またこの頃から、自社でオーディションを開催する形式が定着化する

ようになり、芸能事務所が新人発掘をテレビ番組に

頼らないようになってきたと言われています。

スポンサーリンク



テーマや選考基準が毎年変動するスカウトキャラバン

tumblr_n4hf8e53X91twq5plo1_1280

逸材を見逃す恐れがある合議制。

その解消のため、このところ毎年一人のマネージャー

実行委員長となりグランプリを決定していました。

 

ところが、この方法では会社全体で一気に売り込むまでの

パワーが足りないことに気付いたようです。

 

2000年以降の受賞者をみると、石原さとみ、綾瀬はるかを除くと、

素質があるにも関わらず大ブレイクに至っていない・・・

 

そこで、2012度から大幅に変更されることになったのです。

その方法は、

各セッションの部長10人が実行委員長を務めます。

 

選考された人には10の売り出す出口を用意し、

全社一丸となって「スター」にするというものでした。

 

 

何でもできるマルチな人材を育てたい

 

例えると、女優は自分の年齢にあった役を

演じることができます。

 

その年齢に応じて活動することが可能となります。

 

そのうえ、比較的CMに使って貰うことが多いです。

CMに出れば、イメージは良くなり、

名前も憶えてもらえますからね。

 

また、ドラマや映画の番宣でバラエティー番組に出ることがあります。

そんな時、面白くしゃべれない人は重宝されません。

 

トークが上手いと印象がいいですからね・・・

 

石原さとみさんや優香さんなんかはそれができるんですよね。

 

ホリプロスカウトキャラバン

 

tumblr_m1j3pvHIto1qeh2m0o1_1280

 

数ある芸能オーディションの中でも、

長い歴史を持っている「ホリプロスカウトキャラバン」。

 

あなたも次世代スターを目指してみてはいかがでしょうか。

 

詳しくは:http://www.horipro.co.jp/

 

ホリプロ新人女優育成にも変化

 

昔はレッスンはしないで、現場に直接入って、

そこで勉強させていたそうです。

 

 

しかし、最近では演技や歌などを社内でレッスンが、

できるようになりました。

 

これは、必ず「スターを育てる」という

本気度が伝わってきています。

社運をかけた挑戦が、もうすでに始まっています。