石田ゆり子

石田ゆり子

風鈴舎は石田ゆり子や石田ひかりの

美人姉妹が所属する芸能事務所です。

 

彼女らは数多くのドラマや映画に

出演しているほか舞台やナレーター、

本の出版など幅広いジャンルで活躍しています。

そんな「風鈴舎」とはどんな事務所

なんでしょうね。

スポンサーリンク

風鈴舎とは

 

東京都港区に本社を構える芸能事務所で

女優の石田ゆり子と妹の石田ひかりの

個人事務所として設立されました。

 

設立   1999年

社長  石田ゆり子

所在地

〒106-0045

東京都港区麻布十番2-3-5

新麻布十番ビルディング3F

 

 

主な所属タレント

 

石田ゆり子

小学生の時に水泳(平泳ぎ)で

ジュニアオリンピックに出場し

全国8位となった経験があります。

 

その頃の彼女は、周りの期待があまりにも大きく

プレッシャーで押しつぶされそうでした。

だから、水泳選手としての道を選ばなかったと

語っています。

 

高1の時に「ボックスコーポレーション」 に

スカウトされモデルになります。

 

1988年ドラマ「海の群星」で女優デビュー。

 

その年映画「悲しい色やねん」にも出演しています。

 

1999年に芸能事務所「風鈴舎」を立ち上げ、

妹「石田ひかる」と共に運営。

 

彼女の演技力は定評があり

2005年公開の映画「北の零年」では、

第29回日本アカデミー賞で助演女優優秀賞に

選ばれました。

 

以降、数多くのドラマや映画、舞台で

活躍しています。

また、エッセイストとしても活動中。

 

そのほかでは、不定期ながら石田ゆり子&天海祐希の

二人がMCをつとめる番組「スナックあけぼの橋」では

石田ゆり子のポンコツぶりが癒されると人気上昇中です。

 

 

代表作には「101回目のプロポーズ」、

「逃げるは恥だが役に立つ」、

「Dr.コトー診療所」などがあります。

 

 

可憐なルックスと清楚でおしとやかな

イメージのある彼女ですが、

見た目とは違い、頑固であまのじゃくなところも。

ガッカリするくらい女らしくないと本人が語っています。

 

 

女優業と社長業を兼任している社長だけあって

人に意見されて流される人物ではなさそうですね。

スポンサーリンク


石田 ひかり

石田ひかり

石田ひかり

姉の「石田ゆり子」とほぼ同じ時期に

スカウトされました。

しかも、同じスタッフから姉妹とは知らずに

声をかけられたそうなんです。

 

何か運命的なものを感じますよね。

 

1986年ドラマ「妻たちの課外授業II」で女優デビュー。

 

1987年シングル「エメラルドの砂」で

アイドル歌手デビューを果たします。

 

その後、NHK連ドラ「ひらり」ではヒロイン、

フジテレビ「あすなろ白書」では主演に抜擢されました。

 

また、NHK紅白歌合戦では1992年と93年、

2年連続で紅組司会を務めています。

 

1999年に芸能事務所「風鈴舎」へ移籍。

 

以降、ドラマや映画、司会などで活躍しています。

 

 

2001年NHK職員の訓覇圭(くるべ けい)氏

(当時NHK大阪放送局ディレクター)と結婚。

二児の母

現在は母親業に支障がでない程度に芸能活動中。