o142416431404458435713

スタート以来、視聴率も好調なNHK連続テレビ小説「花子とアン」。

 

ヒロイン花子を演じる吉高由里子さんの

妹役「もも」を演じて好評なのが「土屋太鳳(たお) 」さんです。

 

彼女は、次期NHK連続テレビ小説「まれ」のオーディションを受け

2020人の中から「ヒロイン」に選ばれました。

 

「そんな彼女ってどんな人なんだろう」

気になったので、調べてみたんです。

 

スポンサーリンク

 

プロフィール

生年月日:1995年2月3日

血液型:A型

身長:155cm

出身:東京都

現在は、大学生

(日本女子体育大学 体育学部 運動科学科 舞踊学専攻に在学中。)

特技

日本舞踊・クラシック、バレエ、ヒップホップ

 

 

若くして女優に目覚める

img_taotsuchiya4

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施した

スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックス」において、

応募総数37,789名の中から審査員特別賞を受賞しました。

 

 

このオーディションでは、最年少の10歳

受賞者したといわれています。

 

2007年に「トウキョウソナタ」で映画界デビューを果たしました。

 

その撮影現場で共演者だった香川照之さん、津田寛治さんらと交流。

彼らの仕事ぶりをみたことで女優への決意が固まったと言われています。

 

2008年、ジュニアファッション誌「Hana*chu→ 」 のニューフェイスオーディションを

経て専属モデルとなったようです。

劇場版「釣りキチ三平」のゆりっぺ役に抜擢され、

主人公・三平の幼馴染を演じました。

 

2010年、「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」の

ヒロイン・エメラナを演じたようです。

 

2013年、浜松市天竜区水窪(みさくぼ)町を中心とした地域振興プロジェクト、

映画「果てぬ村のミナ」の松下神菜役にて、初の主演を務めました。

スポンサーリンク



好印象のブログ記事

 

親しみやすく心が優しい女性の

イメージがあります。

 

それは、彼女のブログの文章からも伺うことができます。

芸能人のブログでは、珍しく内容の濃いブログ

書いている女優といえます。

 

自分の思いを自身の言葉でしっかり伝えています。

しかも、読み手に分かりやすい文章で・・・

 

まるで、その日の出来事が伝わってくるようです。

また、ファンを気遣う一言も最後に添えられているから

ファンとしては嬉しいですよね。

 

彼女の「優しさ」や「一生懸命さ」が滲みでているので、

好感を持たれているんだと思います。

 

 

 

念願の次期NHK連ドラ「まれ」のヒロインは

 

最終カメラテストまで「悩んでいた」という。

 

制作統括の高橋練チーフプロデューサー曰く、

「(ヒロインのように)地道にコツコツと生きていて、

応援したくなるような子にお願いしたい」と思っていたようです。

 

そんな時に、カメラテストの最後の回に彼女が現れて確信したそうです。

「彼女以外にない」

 

「『NHKで育ってきて、いつか朝ドラのヒロインを演じるのが夢』だと

語ったあいさつが素晴らしかった」と明かしています。

 

彼女は「前日の昼に最終オーディションといわれて呼ばれました。

 

そしたら、「(ヒロインを)お願いします」といわれて、

ワーッとなって涙が止まらなかったみたいです。

 

「花子とアン」では吉高由里子さん演じるヒロイン花子(はな)の

妹・もも役で出演しており、

吉高さんにヒロイン決定を報告したといいます。

 

「(吉高さんは)『よかったねー』と喜んで、号泣し・・・

他人の仕事が決まってこんなに泣けたの初めてだわ」と

自分のことのように喜んだ。「たおちゃん本当におめでとう。

 

あー嬉しい、あー幸せ、あぁ好き。

そうね、もうね、あなたが好き」と“姉妹”の絆を示したそうです。

 

 

ただ、このことで浮かれてばかりはいられません。

彼女にとって大事なのはこれからです。

今以上に、演技力を伸ばさなければなりません。

 

プレッシャーはあると思います。

 

けれども、ヒロイン吉高由里子さんの演技を

間近かで見て、研究熱心な彼女ですから、

きっと上手くいくと思います。

 

女優として一歩ずつ確実に前進していって欲しいものです。