tumblr_mgv8o47Xbf1rkbpr5o1_400輝かしい活躍をしている人気芸能人。

才能に恵まれて順風満帆な人生を

歩んできたように見えますが・・・

そんな彼らでも下積み時代があったんですね。

(木村文乃)

その売れない時期をいろいろなアルバイトをしながら

生活を支えてきたそうです。

そこで、今回は彼らが苦しい下積み時代に

どんなアルバイトをしてきたのかを

探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

下積み時代のアルバイト

 

今ではテレビで見ない日はないほどに人気の

タレントたちでも下積み時代はみじめなものです。

 

当然、いくら待っても仕事は入ってきません。

他に仕事をやらなければ生活が成り立たなくなります。

 

 

ただ、芸能の仕事というのは、急に入るケースが

多くあるので、本業が入った時には、

いつでも休めることが必須条件です。

 

万が一、その仕事を断ってしまったらそれ以降

仕事はもらえなくなってしまいますからね。

 

なので、正社員として働くなんてとてもムリなわけです。

だから、融通がきくアルバイトになるんですよね。

 

 

木村文乃

彼女は17歳のときに、映画『アダン』の

ヒロインオーディションで、グランプリを獲得し

女優デビューを果たします。

 

 

その後、ドラマ「功名が辻」や連続テレビ小説

だんだん」などに出演。

 

ただ、ちょうどこの頃にアトピー性皮膚炎が悪化し

芸能活動を一時休止しています。

 

この時期には、芸能界引退も視野に入れて

真剣に考えていたそうです。

 

彼女はアトピーに悩み苦しんでいました。

そこで考えたのが皮膚科の受付のアルバイトでした。

 

 

ここでアトピーを直す方法を真剣に学んでいたのかも

しれませんね。

 

ほかにも、ウエディングの介添えやファミレス、

チラシ配りなどをやって生活を支えていたそうです。

 

 

たまたま、友人の芝居を観に行ったときに、

居合わせた現事務所のスタッフにスカウトをされ、

女優業を再スタート。

 

 

そこから、「ちふれ化粧品」「NTTドコモ」の

CMなどに出演しそれが話題となり、

映画やドラマで活躍するようになりました。

 

ドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」では

主演を演じています。

 

芸能活動を休止し、苦しかったアルバイト時代を

乗り切った彼女。

 

その経験が今の演技に生きているような

気がしてなりません。

スポンサーリンク



堺雅人

tumblr_lm0m1tuBNW1qc3i52o1_400

1992年に早稲田大学演劇研究会の

劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。

 

その後「田辺エージェンシー」に在籍。

 

早稲田大学を勝手に中退し両親に

勘当されたことから仕送りも無くなって

極貧生活に。

 

 

仕方なく彼はアルバイトをしながら、演劇活動を

して行くことになったのです。

 

アルバイト先を転々としていた堺さん

 

彼はバイト先でよくクビになってしまったと言っています。

なぜなんでしょうね。

 

コンビニのレジ打ちでは、計算が苦手で

いつもお客さんにお釣りを多く渡してしまっていた

らしいんです。

 

 

〆の時にいつも計算が合わなくて

店長に怒られていたのだとか。

 

 

そんなことが頻繁にあったものですから

クビ」になったそうです。

 

 

まぁ、彼がレジに立つ度にドンドン赤字

なっていくんですから当然といえば当然でしょうけどね!

 

 

それはドーナツ店でアルバイトした時でも

同じことでした。

 

レジ打ちはコンビニ同様に失敗が多かったですが

ドーナツ店ではそれに輪をかけて問題児たったようです。

 

店ではシフト勤務を計画通りに進めているのですが、

彼はその計画を無視して、無断出勤をし

一人多い状態で仕事をしていたこともあったといいます。

 

 

暇だったから出勤したみたいなのです。

当然、お店は経費がかさみ赤字になってしまいます。

案の定、クビの宣告が。

 

 

ガードマンのアルバイトでは、

あるイベントで駐車禁止場所に止める車を

 

注意する仕事だったんですがあまりに

暇だったため小説を読んでいたんだとか。

それでクビに。

 

本をいつも持ち歩いていたんですかね。

 

ほかに、新聞配達美術モデルなどもやっています。

美術モデルは、最初は着衣のモデルだったのですが

 

「ヌードもあるからやりませんか?」と聞かれ

ついやると返事をしてしまったそうですが・・・

本当に恥ずかしかったそうです。

 

こうやってみると、彼は一般的な仕事は苦手のようですね。

本当に役者が好きで、役者になるために

生まれてきたような人なのかもしれません。

 

有村架純

tumblr_natfinivgM1rmrwh1o1_1280

彼女は兵庫県生まれで、

両親と姉の4人暮らしです。

 

しかし、中学1年の時に転機が訪れました。

それが両親の離婚でした。

 

彼女と姉は母親に引き取られることに

なりましたが、生活は大変だったようです。

 

 

芸能事務所に応募書類を送りながら、

トレーニングやレッスンにも参加していた彼女。

 

 

そのいっぽうでトレーニングやレッスン料、

東京に行くために資金を貯めるために

週6日、蕎麦屋寿司屋でアルバイトを

していたといいます。

 

 

そのアルバイトは

平日は学校が終わってから4時間働き、

休日は朝から10時間も働いていたそうです。

 

 

彼女は一見おっとりとした感じがしますが、

その外見からは想像もできないような根性があり

 

 

風邪をひいて高熱があっても、平気な顔で働いていたり、

自転車で転んで血まみれになっていても

働こうとする頑張り屋さんだったそうです。

 

 

そんな彼女だからどんな役柄でも体当たりで挑戦できるのですね。

女優への熱い思いを感じとれます。