G20130814006421700_viewテレビでは毎日のように人気芸能人たちが出演しています。

その顔触れは人気アイドルや俳優だったり、

売れっ子お笑い芸人だったりと様々なジャンルの人達です。

 

(笑福亭鶴瓶)                 しかし、そういった人気タレントたちでも

テレビにずっと出演し続けることができるわけではありません。

むしろ、そのようなタレントは芸能界でもごく一部で、

いつの間にか消えてしまったという人の

方が圧倒的に多いようです。

この両者にはどんな違いがあるのでしょうね?

スポンサーリンク

 

人気タレントたちから学ぶこと

人気が持続するタレントとそうでないタレントには

何か違いがあるんでしょうか?

 

今回はその違いを確かめたくて

人気が持続しているタレントたちの特徴を

あげてみようと思います。

 

特徴をつかめば、もしかしたら

生き残るためのヒントになるのかもしれませんからね。

 

 

笑福亭鶴瓶

なぜか人が寄ってくる」そんな不思議な

キャラクターの笑福亭鶴瓶。

 

彼は大御所でありながら、幅広い年齢層から愛されています。

それには人が「近寄りやすい」ように努力しているからだと

言われています。

 

 

彼は常にニコニコして、おおらかな雰囲気を漂わせています。

それが、人が近寄ってくる一番のコツだと言っています。

 

それは後輩芸人だろうと、一般視聴者だろうと

その接し方は変わりません。

 

街で一般の人に声をかけられても気さくにサインや

写真に応じているそうです。

 

ブラウン管でみるイメージそのまんまなんでしょうね。

彼の人柄の良さが感じとれます。

 

一般的にプライベートの時なんかでいちいち

そんな対応していたら疲れてしまうと思うんですが・・・

 

なかなか、出来そうでいて出来ない対応じゃないでしょうかね。

スポンサーリンク



綾瀬はるか

 tumblr_nnx547ozCy1s6mhrwo1_500(綾瀬はるか)

愛されキャラの綾瀬はるか。

 

舞台挨拶などで見せるトークでの「天然っぷり」は

幅広い層に受けています。

 

 

それが緩衝材のようになって、

周囲を和ませ雰囲気がよくなると

言われています。

 

 

そんな彼女は「人間が好き」と語っているように

一見、近寄りがたい先輩の役者でも、

いつの間にか仲良くなっているそうです。

 

この人は「本当はどんな人なんだろう?」と興味を持ち、

相手に飛び込んでいくことができる人なんですね。

 

それは現場スタッフに対しても同じで、

別け隔てなく話をしますし

けして偉ぶることはありません。

 

さらに、彼女はドラマの撮影が押しても文句ひとつ言いません。

だから「また一緒に仕事したいな」と

思ってもらえるんですよね。

 

その人柄の良さが周りと上手くやることができる

秘訣なのかもしれません。

 

 

内村光良

et-tm150105-uchimura-ns-big(内村光良)

内村光良のMC力は強烈なイメージこそないが、

出演者の持ち味をうまく引き出すことができる

プロデュース力には定評があります。

 

彼がMCを務めている番組からは数多くの若手タレント

ブレイクしています。

 

例えば「新ウンナンの気分は上々」では

お笑いコンビのバカルディに「さまぁ~ず」、

海砂利水魚に「くりぃむしちゅー」への改名を指示し、

後に大ブレイクを果たしています。

 

「内村プロデュース」では当時どん底だった

有吉弘行を使っています。

 

 

その時、内村が有吉にかけた言葉が

「1つ1つの仕事を全力で丁寧にやれ。

必ずだれかが見ていてくれるから」。

だったそうです。

いい言葉ですよね。

 

ほかにも千秋やキャイ~ンのウド鈴木、

イモトアヤコらのタレントを輩出しています。

 

 

彼のこの安定した人気の秘密はどうも

その人柄にあるようです。

 

芸人仲間や後輩芸人たちが口を揃えて

「本当に優しい」

「人の悪口を聞いたことがない」と

話しています。

 

また、番組の共演者やスタッフの面倒見は良く

もし「困ったことがあったら言ってこい」と

語っているようにみんなを大事にしているそうです。

 

新人ADのとき、内村に世話になったスタッフたちは

権限のあるプロデューサーなどの立場になったとき、

内村と番組をやりたいと声をかけることが多いと聞きます。

若い頃の恩を忘れていないんですよね。

 

タレントが生き残るためのヒント

 

テレビに出続けるためには、実力はもちろんのこと、

トーク力や笑顔、人柄、気遣いなど

あらゆる能力が求められます。

 

そのなかでも、忘れて欲しくないのが気遣いです。

テレビ画面に出ているタレントの姿というのは、

あくまで一側面にすぎません。

 

本番用の顔で仕事をしています。

 

ただ、番組の打ち合わせの場合のように

本番でない時にはそのタレントの「」に近い顔を

垣間見ることができます。

 

テレビではイメージの良いタレントでも、

いざ身近で接してみると大きなギャップの

あるタレントが存在します。

 

周りの共演者やスタッフにも態度がデカく、

挨拶しない時があったり、暴言を吐いたりして

場の雰囲気を悪くするような人もいるようです。

 

 

そのようなタレントは、周りの評判も悪く

いずれテレビから消えていくことになると言われています。

 

 

逆に、人気が持続しているタレントは

多かれ少なかれ、一緒に番組を作るスタッフたちに

支えられていることを理解していますから、

 

自然と周りに対しても気遣いができている人が多く

評判も良いですね。