tumblr_m5b59tOa0l1r82pllo1_500

今年もまた、下半期「潜在視聴率」なるものが

発表される時期になりました。

 

芸能関係者は「視聴率」は当然ですが、

この「潜在視聴率」も気になると

言われています。

 

スポンサーリンク

 

「潜在視聴率」とは?

 

番組制作に携わるすべての人々が、

潜在視聴率」に一喜一憂していると

言っていいでしょう。

 

これは俳優・女優、芸人、アナウンサーなどのタレントが

どのくらい「個人」で視聴率を持っているのかを

数値化したものだといいます。

 

大手広告代理店リサーチ会社がおよそ半年おきに、

様々なデータを基に作成します。

 

そして、テレビ局CMスポンサー向けに

極秘に提供しているそうです。

 

テレビ局やCMのスポンサーはこの数字を基に、

キャスティング出演料を決定している場合が

多いと言われています。

 

2014年下期 女優潜在視聴率

tumblr_n3oze313S61twq5plo1_1280

氏名          潜在視聴率  ギャラ

*1:吉高由里子  12.6%  140万円~

*2:  杏       12.3%  140万円~

*3:仲間由紀恵  11.9%  250万円~

*4:米倉 涼子  11.7%  300万円~

*5:綾瀬はるか  11.5%  300万円~

*6:北川景子   10.8%  120万円~

*7:上戸 彩    10.2%  160万円~

*8:吉瀬美智子  10.0%  120万円~

*9:小泉今日子   9.6%  250万円~

10:新垣 結衣   9.3%  110万円~

(出典:日刊ゲンダイ)

※ギャラは1時間ドラマ1話あたりの推定ギャラ

スポンサーリンク



やはり、朝ドラ女優陣が強かった

tumblr_n42b4hZs2C1twq5plo1_1280

あまちゃん」の大ヒット以来、

好調を維持しているNHKの連ドラ女優陣の

躍進には目を見張るものがあります。

 

今年、トップとなった「吉高由里子」は

NHK連ドラ「花子とアン」のヒットもあり、

昨年、下期14位からの大躍進。

 

これまで彼女のギャラはGP帯でドラマ1本当たり

140万円~が相場でした。

 

でも、「花子とアン」の実績が評価され

200万円台~に上昇しているという噂もあります。

そうなれば、CMでも最低3000万円~という

査定が出てくることも・・・

 

仲間由紀恵」にあっては、圏外から3位へと。

朝ドラパワーを見せつけています。

 

また、映画「抱きしめたい~」「悪夢ちゃん~」

ドラマ「HERO]などに出演した

北川景子」も圏外から6位に入ってきました。

 

特に注目したいのが、「昼顔」に出演の

吉瀬美智子」は、圏外から初のトップ10入りを

果たしました。

 

このドラマが産休後、初のドラマになるが、

不倫におぼれる主婦を演じて好評。

やはり、不倫ドラマは強いですよね。

 

なお、昨年トップ10入りしていた満島ひかりや

菅野美穂、能年玲奈、柴咲コウらは

ベスト10に残れなかったようです。

 

 

潜在視聴率1%当たりのギャラからみると、

 

潜在視聴率1%当たりのギャラが

10~12万位の女優さんが狙い目なのかもしれません。

 

それによると、吉高のほか

北川景子吉瀬新垣結衣あたりが

12万円以内に収まり「費用対効果」の

いい女優ということが言えますね。