大原櫻子

大原櫻子

芸能人も何か理由があって独立や移籍を

したいと思っているわけですが、なかなか

芸能事務所からはうんとは言ってもらえないのが

現実です。

 

それがもとでトラブルになり泥沼化したケースが

ほとんどだと言われています。

 

強引に進めればその活動を妨害されますし、

最悪の場合は仕事を干されることだって

覚悟しなければいけません。

スポンサーリンク

 

大原櫻子

 

2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の

ヒロインオーディションを勝ち抜き女優デビューを飾ります。

 

 

と同時に、この映画の劇中バンドMUSH&Co.(マッシュ・アンド・コー)の

ボーカルとして、シングル「明日も」で歌手デビューも果たしました。

 

 

翌年には「オールナイトニッポン0(ZERO)」の

ラジオパーソナリティやドラマ「水球ヤンキース」の

ヒロイン役に抜擢されるなど仕事も順調。

 

さらにその年は、日本映画批評家大賞と日本レコード大賞の

新人賞」をW受賞するという快挙を遂げています。

 

そんな順風満帆にみえる芸能活動とは裏腹にどうやら

所属事務所と移籍をめぐりトラブルを抱えていたようなのです。

 

もともと、彼女は中学2年の時、習い事のダンス発表会で

たまたま居合わせたテレビ関係者の紹介によって藤賀事務所に

入りました。

 

その藤賀事務所はバーニング系の事務所で

タレントの独立や移籍に関してはかなり厳しいと

言われているようなので、その辺の問題ではないかと

思われます。

 

ただ、表面的には活動の幅を広げるために

フジパシフィックミュージックへ移籍したと

言われているようです。

 

実際のところはどうなんでしょうね。

 

 

2016年から所属事務所「CHERRY.CO」へ

詳細 https://www.cherry-co.jp/

 

原櫻子公式サイト

http://sakurako-web.com/

 

所属レコード会社

フジパシフィックミュージック

ビクターエンタテインメント

 

主な出演作品

映画

カノジョは嘘を愛しすぎてる

チア☆ダン

 

ドラマ

水球ヤンキース

恋仲

 

舞台

ミュージカル リトル・ヴォイス

 

 

彼女は女優としてドラマや映画、ミュージカルなどで

活躍する一方、歌手としても高い評価を受けており、

今後の活躍が楽しみな一人と言えるでしょう。

スポンサーリンク


遠藤憲一

1 (2)

 

高校中退後はアルバイトを転々としながらの日々。
そんな彼が役者になったキッカケは、たまたま目に入った

劇団員募集の広告でした。

 

本人は軽い気持ちで入団したのですが、

やっているうちに、徐々に俳優業という仕事に

興味を抱くようになったそうです。

 

その後、劇団「無名塾」の選抜試験を受け見事突破。

 

ところが、その劇団の規律の厳しさや重厚感に堪え切れず、

合格からわずか10日余りで退団してしまいました。

 

その後、いくつかの劇団等を経て、拾ってくれたのが

アクターズカンパニー

 

1983年、NHKドラマ「壬生の恋歌」で俳優デビューを飾るも、

暫くは、なかなか芽が出ず下積み状態が続きました。

 

この頃の彼は、強面の風貌と目力が強いということもあり

悪役を演じることが多かったようです。

 

2007年、独立し「エンズタワー」ヘ

2009年「湯けむりスナイパー」で連ドラ初主演

 

以降、数多くのドラマや映画、ナレーションなどで活躍中。

 

主な代表作

ドラマ

「湯けむりスナイパーシリーズ」

「お父さんと呼ばせて」

「ドクターX」

 

映画

「あずみ」

「日本沈没」

「20世紀少年」

 

エンズタワー

詳細 http://www.enstower.com/

エンズタワー所属タレント

森田美恵

アクタープロモーション、青木事務所を経て

エンズタワーへ。

舞台やドラマ、映画などで活躍。

 

富士たくや

俳優や声優、ナレーターなどで活動中。

 

 

のん

新垣結衣に憧れて、ニコラモデルオーディションに応募し、

見事グランプリを獲得。

 

2006年から2010年まで「ニコモ」専属モデルとして活動し、

所属事務所はレプロエンタテインメント

 

 

NHK連ドラ「あまちゃん」の大ヒットで一躍人気になり、

以降、ドラマ、映画、CMで引っ張りだこ状態に。

 

 

しかし、2015年に独立問題が発生し、それ以降は

実質休業状態となってしまいます。

 

レプロエンタテインメント時代に使用していた

本名「能年玲奈」が使えなくなり、2016年7月より「のん」に改名。

 

「のん」に改名後、声優として臨んだ劇場版アニメ

この世界の片隅に」の大ヒットにより

再び注目されるようになります。

 

のん公式サイト

https://nondesu.jp/

代表作品

ドラマ

「高校生レストラン」

「鍵のかかった部屋」

「あまちゃん」

映画

「ホットロード」

「海月姫」

「この世界の片隅に」

 

 

まだまだ、制約が多く完全復帰とはいかないものの、

テレビCMや雑誌などの仕事が徐々に増えつつあります。

今後の活躍に期待したいと思います。