47356269_480x521芸能界は厳しい世界。
芸能界で生きていくための大事な要素の一つに「キャラ」作りがあります。

そのため、本来の自分を封印し違う自分(キャラ)を演じ切ることも多々あると言われています。

 

(川栄李奈)

テレビを中心にさまざまなメディアで

活躍している人気タレントたちも

そのようなキャラを演じているのでしょうかね。

スポンサーリンク

 

お馬鹿キャラ

 

川栄李奈

彼女は2010年 AKB48第11期研究生オーディションに合格。

 

「はじける笑顔で スマイルセンター。川栄李奈です。」

というキャッチフレーズの彼女。

その言葉どうりに無邪気で明るい性格のようです。

 

 

「めちゃイケ」の抜き打ちテストの

AKB48春の期末テスト」では珍回答を続出させ

メンバー中最下位が確定し、お馬鹿キャラ

定着したのです。

 

そんな彼女も2015年にAKB48を卒業し、

女優として舞台「AZUMI 幕末編」の主演が決定し、

稽古では華麗な剣さばきを披露しているそうです。

 

また、心配されていた彼女のセリフ覚えは意外と早く

共演者を驚かせているみたいです。

 

 

このまま、お馬鹿キャラを払拭できれば

言うことはないのですがね。

スポンサーリンク


鈴木奈々

tumblr_ne8nekAotp1tk821do1_500

いまや押しも押されもせぬ「お馬鹿キャラ」で人気の鈴木奈々。

 

Popteen」モデルの益若つばさの追っかけをきっかけに

参加した益若の握手会で、「Popteen」スタッフに

スカウトされ読者モデルとしてデビューしました。

 

また、テレビではお馬鹿キャラとしてさまざまな

バラエティ番組で活躍しその

存在感を示しています。

 

彼女はもともと勉強が苦手だったそうで、

成績不振から高校を退学となったという

エピソードを持っている人物です。

 

 

なので、勉強面ではキャラ作りというより

単に素が出ているんじゃないかと思われます。

 
ただ、バラエティ番組でのトーク面に関しては

計算(キャラ作り)しているようなところも

ありそうですけどね。

 

 

具志堅用高

13808212_163x291

天然の面白いおじさんといった

イメージのある具志堅用高ですが、

 

かつては、WBA世界ライトフライ級世界王者13度防衛の

偉大な元世界チャンピオンです。

 

 

片岡鶴太郎のモノマネが芸能界入りの

きっかけとなったそうです。

 

具志堅用高は本当のお馬鹿ではないみたいですが、

かなり天然ぽいところがあり

バラエティ番組ではイジられキャラとして

みんなから愛されています。

 

 

ただ、芸能タレントとして生きていくためには、

いつまでも過去の栄光を引きずっていることは

できません。

 

難しいのは,

誰かにイジられたとしても

ジッと辛抱することができるかどうかです。

 

そこで熱くなってしまったら今後に響いてきます。

 

 

その切り替えが上手く出来るか出来ないか?

それが問題なんでしょうね。

 

 

お馬鹿キャラのイメージ

 

お馬鹿キャラで思いつくのは明るく元気な姿です。

 

世間知らずで一般常識がなく、

思考が単純で短絡的なイメージがありますが、

半面、何事にも一生懸命で前向きな姿勢

周りの人から見ると魅力的に映ります。

 

そんな彼らを見ていると、元気がでたり、

癒されるのかもしれませんね。