a0008_001827 オーディションや就職の面接などのような

慣れない環境で起きるものの一つに「緊張」が

あります。

人は緊張すると、胸がドキドキしたり、

手足の震えがきたりして思い通りの実力を

発揮出来なくなってしまいます。

それで「失敗した」なんていう経験を

持っている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんな失敗する原因の一つである「緊張」の

解決方法を探ってみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも「緊張」とは何?

 

普段の生活とは違って、慣れない事などに直面した時に、

心が張りつめてからだが固くなってしまうことです。

 

自分の発言や行動が「否定されるのでは?」とか

「傷ついてしまうかも?」というような恐怖心を

抱き心が身構えてしまいます。

 

これは身を守るための一種の防衛本能と言えるでしょう。

 

 

その感情は大事な場面になるほど、

強ければ強いほど緊張してきて、

上手くやらなきゃ」という気持ちがより一層強くなります。

 

それがプレッシャーになりドンドン不安になってしまうのです。

 

スポンサーリンク


緊張の解決方法

 

「緊張」というものは負の意識が大きく、

悪い方へ悪い方へと考えてしまいます。

 

それから抜け出すためには自分の意識

変えることが必要となるでしょう。

 

 

緊張は事前の準備をしておくことで、

ある程度は軽くすることができます。

 

 

例えば面接を受ける場合、

どんな会社なのか、面接会場への行き方や面接時間、

想定される質問に対する答え等をあらかじめ

考えておくのです。

 

そうすることで、心配事が軽減され心にゆとりが生まれます。

 

 

 

また、初めてのことや経験の少ないことをやる時には

不安で仕方がありませんし緊張もするわけです。

 

そんなときには、イメージトレーニングをしたり、

家族相手に練習をしてその雰囲気

慣れておくことは良いことだと思います。

 

 

「緊張」の多くは「自分を良く見せよう」という

気持ちの表れです。

 

 

有能な自分をアピールしたいと思うのは当然なことですが、

極端に他人の目を気にし過ぎてしまうと緊張につながります。

 

そのことを気にするあまり「絶対に失敗できない」という

気持ちが強くなり自分自身が押しつぶされそうになってしまいます。

 

 

生きていれば失敗はつきものです

 

本人が「失敗したくない」といくら思っていても

やはり失敗は避けられなかったりするものです。

 

重要なのは

失敗した時に、それをいかにして

将来に活かすことができるか」が問題なのです。

 

失敗を敵にするのではなく味方にしてしまいましょう。

 

失敗は、成功のために欠かせない要素だと言われています。

まずは失敗を恐れないことです。

 

 

あまり背伸びせず、ありのままの自分を

出すくらいの気持ちで臨んだほうが

かえって上手くいくのかもしれませんね。