tumblr_mohvov3XqD1ql54j3o1_400

21歳で俳優デビューしてした西島秀俊さん。

テレビドラマ「はぐれ刑事純情派5」で俳優デビュー。

 

アイドル俳優としてデビューを果たしたのに、

何故、事務所を去ったのか。

 

そんな彼の生き様とは?

スポンサーリンク

プロフィール

生年月日  1971年3月29日

出生地  東京都

身長  178㎝

血液型  A型

職業  俳優

ジャンル

映画・テレビドラマ

活動期間  1992年 –

事務所  クォータートーン

主な作品

テレビドラマ

『悪魔のKISS』/『あすなろ白書』

『大奥 第一章』/『八重の桜』

『ジャッジ ?島の裁判官奮闘記?』

『ストロベリーナイト』/『MOZU』

映画

『ニンゲン合格』/『Dolls』

『さよならみどりちゃん』

『休暇』/『CUT』

 

 

将来は映画制作に関わりたい

 

小さい頃から、モノを作る仕事がいいと

父親から言われてきました。

 

その父親の影響もあって、

横浜国立大学工学部生産工学科に入学します。

 

 

しかし、大学生活を続けていくうちに、

何かが違う

「このままでいいのだろうか」と

感じるようになってきました。

 

そんな時、故大島渚監督の言葉が飛び込んできました。

それは、撮影所の様子、映画作りの魅力を話しているときでした。

これだ

自分も映画を作るんだと思ったそうです。

 

やりたい事が決まると行動は早かったようで、

映画の仕事をしたいと、触れ回っていたところに、

先輩から「オーデション」を受けてみないかと

声をかけられたそうなんです。

 

でも、彼は俳優を目指していたわけではありません。

制作スタッフ」の仕事を望んでいたのですが、

くしくも、「オーデション」に

合格してしまったのです。

スポンサーリンク



まさか俳優を目指すことになるとは

tumblr_n1zn2fnZLK1r2iynuo3_1280

思わぬ「オーデション」の合格で、俳優を志すことになった彼は、

渡辺プロダクションに所属することになりました。

 

1992年に東京アクターズスタジオ1期生となって

演技を学びました。

 

その年、21歳の時にテレビドラマ

はぐれ刑事純情派」で俳優デビューをはたします。

 

すぐに俳優業を自分の道と決めて、大学を中退しました。

 

悪魔のKISS」での新興宗教にハマる青年を演じ、

あすなろ白書」では、同性愛者の役を演じるなど、

その演技が認められるようになってきました。

 

 

渡辺プロとしては、彼のビジュアルから、

アイドル俳優として売ることを決めていたようです。

 

そのため、多くのテレビドラマに出演させています。

 

ところが、彼はそのことに強い違和感を感じていました。

 

人気がある時だけ、ちやほやされて、

人気がなくなった途端に、すぐに切り捨てられる。

 

「そうはなりたくない」

そんな思いが強くあったみたいですね。

 

事務所とは、長い期間、話し合いをしました。

でも、折り合いがつきません。

 

結局、事務所を辞めることを決意しました

 

それに対して、事務所は「辞める条件」を出してきたのです。

その条件が、

今後5年間はテレビの仕事はしないこと」だったのです。

1997年から2002年まで、彼はテレビ界からは、

いわゆる「干された状態」になってしまったということです。

 

彼の人気が上昇しそうな時期だっただけに、

この決断は勇気がいったのではないでしょうかね。

 

一歩間違えれば、過去の人になってしまう世界ですから・・・

 

この間は、単館系の映画出演することで、

なんとか俳優業を続けることができたようです。

 

1999年には映画「ニンゲン合格」で、

日本映画プロフェッショナル大賞主演男優賞を受賞して、

実力派ぶりを示しています。

 

この期間はたっぷり使える時間があったので、

日々、カラダ作りと映画館めぐりを

していたようです。

 

 

2002年に今の事務所クォ―タ―ト―ンに所属し、

この年北野武監督の映画「DOLLS」の主役に抜擢され、

再び表舞台に登場します。

 

テレビでも、NHKのドラマ「抱きしめたい」に出演

復帰をはたしました。

 

演技の確かさには定評があったようで、

現場では監督の要求に黙々と応える姿勢が、

多くの監督からの信頼を得ています。

映画では主演が多いんですが、

テレビでは空白期間が長かったせいで

脇役での出演が多かったみたいです。

 

 

2010年から始まった

ストロべリーナイト」シリ―ズでは、

主演の竹内結子演じる姫川への想いを隠し続け、

その彼女を献身的に支える刑事役を演じた西島。

このドラマによって、一気に人気になりました。

この頃から、テレビドラマでも、

主演を演じることが多くなりました。

 

 

彼の知性とビジュアルそして、カッコつけない

飾らない姿ストイックな生き様は、

女性に限らず、男性からの支持も多いようです。

 

 

「結婚に向いていない」と語っていた西島がついに彼女

 

私生活についてはほとんど知られておらず、

謎に包まれていました。

 

そんな彼がついにフライデーされました。

 

彼は、数々の女優さんと共演をしていますが、

そんな、女優さんや業界慣れした女の子よりも、

一般女性を選んだようですね。

素人っぽい素朴な子とひっそり付き合うほうが

いいのかもしれませんね。

 

お相手は、大手自動車メーカーのギャラリーに勤める

17歳年下の一般女性のようです。

2年前から付き合っているようで、

すでに半同棲状態にあると報じられています。

 

そんな彼女、

彼の肉体管理のための、食事管理が

大変だと同僚にこぼしているのだとか・・・

 

 

アイドルを捨てて正解だった

 

顔もいいし、スタイルもいいし、声もいい。

イケメン俳優としてデビューしておきながら、

その地位までも捨て

 

この厳しい芸能界で演技派俳優として一から

実力を磨きあげてきたその生き様は男前そのものです。

 

その実力は業界からの評価が高く、CM、映画、ドラマにと

出演オファーがかなり目立ってきているようです。

日本を代表する俳優へと着実に向かっているようですね。