a0002_002425

分かっているようで、意外と分かっていないのが

テレビ業界ではないでしょうか。

 

 

ただ、NHKの場合は

受信料」として、強制的に徴収しているので、

民放とは根本的に異なっているのですが・・・

 

民放の場合は、

テレビ番組を一般視聴者向けに放送しています。

だからといって、視聴者から代金を徴収してはいません。

 

では、いったいどこから収入を得ているんでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

 

NHKと民放を比べてみると

 

NHKの場合は、ご存じのように視聴者から徴収した

NHK受信料から番組制作費が賄われています。

 

なので、スポンサーに気を使うこともありません。

 

また、自社で番組・ドラマ制作部門を持っていますから

独自のスタイルで制作することが可能となります。

 

また、民放に比べて、人気俳優を使う必要もありません。

 

ドラマなどの制作もコストを抑えることができるようです。

 

それに対して、民放の場合は

 

スポンサーからの広告料で成り立っています。

 

一般的に、スポンサー会社は、電通などの広告代理店

広告料を支払います。

 

その広告代理店では、

各局へ(テレビ、新聞、ネット、雑誌)に予算を割り振ります。

 

そのときに、およそ15%くらいのマージンを取っているみたいです。

 

例えば、割り振られた予算が、番組1本あたり1億円だとすると、

広告代理店での取り分1500万円が引かれます。

すると、残りは8500万円になりますよね。

「電波料」として4800万円が引かれ、
(電波中継器の数によって決まる)

各地のFNN系地方局に割り振られようです。

※電波料

テレビやラジオなどの放送局が、国から周波数を割り当てられて

行っている許認可事業です。

その放送局は、国に対して「電波利用料」を

支払っているそうです。

 

自社で制作しているテレビ局側も500万円位を「電波利用料」として

抜かれているんだとか。

8500万-4800万-500万円=3200万円。
これが番組制作費となるようです。

 

このうちテレビ局側が

「プロデューサー費」として55万円を取って、

1次下請けに3145万円で依頼。

 

そして、1次下請けが番組制作会社に

860万円で依頼する。

 

残り2285万円は、スタジオ経費として、

タレント出演料などに使われると言われています。

スポンサーリンク



スポンサーには頭が上がらない民放

office_a23

民放は広告料が命です。

スポンサーの意向に沿った番組・ドラマ作りをする

必要があるそうです。

 

各スポンサーは、その時間帯の各放送局の視聴率などを考慮して、

自社が出せる予算を提示します。

 

そして、放送局と交渉して番組・ドラマのスポンサーとなります。

 

その際、多くの人に自社のCMを見て貰わなければ意味が

ありませんから、番組・ドラマ制作にも口を挟むことになります。

 

テレビ局の収入とは

 

1「テレビ放送事業収入」

テレビ番組の放送とそれに関連する事業により得られる収入です。

①放送収入

テレビ番組の放送そのものから得られる収入で、

「広告収入」とも呼ばれる。

 

Ⅰ タイム広告収入

 

民放テレビが設立された当初から存在している

伝統的な収入スタイルです。

 

タイムCMは、番組そのものにお金を払うスポンサーCMがながれます。

 

多くの場合その番組を提供する事で、企業イメージをアップしたり、

商品イメージを上げる事を目的としたCMが多くなっているようです。

 

スポンサー企業の名前が提供番組の前後・途中で紹介される

CMのタイプのものです。

 

「ご覧の番組は●●の提供でお送りしました」

なんていうナレーションが放送される

30秒のCMがこのタイプです。

 

Ⅱ スポット広告収入

 

スポットCMは直接的な売り上げアップを狙うCMで、
通常は「15秒単位のCM」が基本となっています。

 

このCMでは、商品の魅力を前面に打ち出す場合が

多いようです。

 

この「スポットCM」は「タイムCM」とは違って、

視聴率」を買うということがいえます。

 

例えば、スポンサーが放送局から

100%の視聴率を200万で買ったとします。

20%の視聴率を持っている番組ならば、5本放送すれば

よいということになります。

 

ところが、、視聴率の悪い番組ですと、100%分の視聴率を得る為には

10%の番組5本と5%の番組を10本使わないと

いけないことになります。

 

② 番組販売収入

 

テレビ番組を系列のローカル局等に

販売する事により得られる収入や、スタジオを運用する事により

得られる収入です。

 

2 その他事業収入

 

番組の放送以外にも様々な事業をしています。

 

それらの事業から得られる収入です。
映画や音楽、イベント事業、スポーツ事業、

 

出版物の販売やビデオソフト等の企画・制作・販売、

不動産事業収入(土地及び建物の賃貸事業収入)等から

得られる収入があります。

 

 

テレビ広告費の現状は?

 

テレビ広告費は 1兆7,913億円、前年比100.9%。

 

2013年上半期は低迷したものの、

下半期は、アベノミクスによる企業業績の改善もあり、

 

個人消費の持ち直しなどから

出稿が活発化してきた傾向があります。

 

特に、スポット広告がテレビ広告費全体をけん引している形で、

その形勢は今年に入っても続いているようです。