tumblr_n7lpgvVRVI1qiq89jo1_1280

㈱office48は設立当初はパーティーイベントや

ウエディング関連の人材派遣業をしていました。

そして「秋葉原48プロジェクト」

発足と同時に

制作委員会の運営を手掛けることになったのです。

正式に「AKB48

として始動するようになってからは、、

マネージメント業務をするようになったようです。

 

スポンサーリンク

AKBのシステムって?

最初はAKB48のメンバーは「劇場所属」でした。

ところが、メンバーの人数が多くなってくると、

個々のマネージメントへの負担が

大きくなってきました。。

 

それを解決するために、「AKB48」のすべてを

一括で管理運営できる組織を作りたかったのです。

 

それが「㈱AKS」という芸能事務所です。

創業者3人の頭文字をとって、

Aは秋元、Kは窪田、Sは芝です。

 

現在の「㈱AKS」のシステムでは、

素人の女子を「オーデション」で募集して、

研究生として教育します。

 

そして正規メンバーとしてふさわしいと

判断されると、各芸能事務所に所属され

るようになります。

 

その所属事務所在籍のまま「AKB」として活動できる

システムになっています。

 

AKB48、SKE48、HKT48としての、

グループ自体は「㈱AKS」に所属しています。

けれども、研究生はどのプロダクションにも

所属していません。

 

そのため、研究生はフリーランス(個人事業主)となります。

だから、彼女らの当面の目標は「所属事務所に入る」ことに

なってくるかと思います。

スポンサーリンク



すべてはこの劇場から始まった

tumblr_lxne4axW2H1rn6wmko1_500

今でこそ人気のアイドルグループAKB48だが・・・

今までは、遠い存在であった「アイドル」というものを

たくさんの人から身近に感じてもらいたい。

 

そんな思いで立ち上げたグループのAKB。

秋葉原の劇場でデビューした時には、

お客さんはたったの7人だったと言われています。

 

当時は秋葉原の「オタク向け」というイメージが

強かったこともあり、あまり注目されていなかったようです。

 

初期メンバーたちは、苦しい日々が続きました。

それでも、めげずに頑張っていました。

 

この人たちがいたからこそ、今のAKBがあるのです。

そのことを忘れないで欲しいですね。

 

2008年の10枚目のシングル「大声ダイヤモンド」あたりから

徐々に売れ始めてきました。

 

2009年に14枚目のシングル「RIVER」が

初めてオリコンウイークリーチャート1位を獲得すると、

その後、発売される曲は次々と1位を獲得するようになりました。

そもそも、総選挙ってなんで始まったの?

私も詳しく知らなかったことなんです。

その一つに、CDジャケットが関係していたのですね。

 

人数が多すぎて全員をCDジャケットに、

載せることができなかったみたいなんですよ。

 

それと、テレビ番組では「もっと人数を減らしてくれ

って言われるし・・・

 

それで自分(秋元氏)で選んだらファンから「分かってない」と

言われるし・・・

 

だったら、「選挙で選ぼうよ」ってことに

なったようです。

 

 

また、名古屋や大阪などに姉妹グループを作った理由は?

周りの皆さんが「うちにも作ってよ」って要望があった

みたいです。

 

今後は北海道を検討しているようです。

海外からも話があるようなので、

今後、目が離せなくなります。

 

じゃんけん大会

2010年から、人気や知名度が低いメンバーにも

チャンスを与えたいという思いもあり考えられました。

 

勝負はそれぞれ1回勝負のトーナメント方式。

上位16人が選抜メンバーとなります。

 

これらのシステムは、初めから構想が

あったと思っていました。

 

ところが、どうも違っていたようです。

 

ファンの皆さんや関係者の要望があって

システムが作られてきているようですね。